病気・治療の解説

のどに関する病気

変形性頚椎症
へんけいせいけいついしょう

背骨の一部で、頭蓋骨と胸椎の間に位置する部分を頚椎といいます。頚椎は重い頭蓋を支えているために、長年の間に徐々につぶれて変形してきます。変形し、前方に突出した部分がちょうど食道入口部あたりに相当すると、初めは飲み込んだときの違和感が生じます。進行すると実際に食物がつかえることもあります。症状が強く、日常生活に支障がある場合は整形外科的治療を要します。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る

しぶさわ耳鼻医院/〒382-0017 長野県須坂市相森町4300-3 TEL 026-242-7646 FAX 026-242-7647

Copyright © 2001- Shibusawa Otolaryngorogy Clinic All Rights Reserved.