病気・治療の解説

のどに関する病気

茎状突起過長症
けいじょうとっきかちょうしょう

茎状突起は、耳の下の窪みの位置から舌骨に向かって突出している針状の骨の突起です。この突起には舌を後上方に引き寄せる細い筋肉がついています。症状があらわれる仕組みは明らかではありません。可能性としては、飲み込みに関わる筋肉群の働きの調和が崩れ、この突起の先端が他の構造物に触れ、痛みや違和感を生じることが考えられます。症状がしつこく持続する場合には、レントゲン検査や触診で診断を確かめた上で、茎状突起の先端を切除します。手術のために重大な後遺症が残ったという報告はありません。ただし、扁桃腺を切除する上に咽頭収縮筋にダメージを与えるため、手術後の数日間、激しいのどの痛みに耐える必要があります。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る

しぶさわ耳鼻医院/〒382-0017 長野県須坂市相森町4300-3 TEL 026-242-7646 FAX 026-242-7647

Copyright © 2001- Shibusawa Otolaryngorogy Clinic All Rights Reserved.