病気・治療の解説

のどに関する病気

咽頭カンジダ症
いんとうかんじだしょう

カンジダは人体に寄生するカビ(真菌)の一種ですが、この疾患は免疫不全症候群、癌などによる全身状態の悪化、ステロイドを含む吸入薬の不適切な使用などが基になって発症します。患部が比較的狭い範囲に限定されている間は、鈍い痛みやのどの乾燥感を伴うのみですが、炎症が広範囲に及ぶと、出血や非常に強い痛みを伴い、飲み込むのが困難になります。のどには赤みを伴った白い斑点が多数認められます。この斑点は、はがそうとしても容易にははがれません。進行すると口蓋や頬部、舌粘膜などにも病変が拡大します。また、食道方向に広がると嚥下困難はいっそう強くなります。白い斑点を採取して顕微鏡下にカンジダを確認します。抗真菌薬を含むゼル状の薬を口腔内に含み、徐々に嚥下することを1日2・3回繰り返すと数日で治癒します。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る

しぶさわ耳鼻医院/〒382-0017 長野県須坂市相森町4300-3 TEL 026-242-7646 FAX 026-242-7647

Copyright © 2001- Shibusawa Otolaryngorogy Clinic All Rights Reserved.