病気・治療の解説

のどに関する病気

アデノイド増殖症
あでのいどぞうしょくしょう

幼児期にはアデノイドが活発に働くために増殖肥大します。アデノイドの炎症や肥大はその近くに開口する耳管の働きに強い影響を与えます。幼児期に急性中耳炎や浸出性中耳炎の多い理由です。また、肥大したアデノイドは鼻腔通気を妨げるために鼻づまりを起こします。鼻呼吸が困難になるため口呼吸となり、口をポカンと開けた、アデノイド顔貌といわれる特有の顔つきになります。急性中耳炎をしばしば反復し、浸出性中耳炎が治りにくい原因になっている場合にはアデノイドを切除します。かつては局所麻酔で手術しましたが、最近では全身麻酔下に内視鏡を使って手術するのが一般的になりました。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る

しぶさわ耳鼻医院/〒382-0017 長野県須坂市相森町4300-3 TEL 026-242-7646 FAX 026-242-7647

Copyright © 2001- Shibusawa Otolaryngorogy Clinic All Rights Reserved.