病気・治療の解説

鼻に関する病気

特発性鼻出血
とくはつせいびしゅっけつ

特に原因もなくいきなり鼻出血の起こることがあります。少量の出血ですぐに止血することがほとんどですが、なかなか止血せずにかなりの量の出血がみられることもあります。出血部位はキーゼルバッハ部位といわれる鼻中隔の前端部ですが、まれに鼻腔側壁や、鼻中隔後端部から出血することもあります。鼻出血が始まったらティッシュをたたんで2センチほど鼻孔から挿入し、鼻翼を両側から5分間しっかり圧迫して下さい。出血部位がキーゼルバッハ部位以外にある場合には、血液がのどに回るか、反対側の鼻孔から流れ出ます。多量の血液がのどに回る場合には、飲み込まずに洗面器などに吐き出し、そのまま耳鼻咽喉科のある医療機関に駆けつけて下さい。多量に出血するとパニックに陥ることがありますが、鼻出血で生命が脅かされることは極めてまれですので、落ち着いて対処することが肝心です。慌てると血圧が上昇し、出血量をいたずらに増やす結果になります。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る

しぶさわ耳鼻医院/〒382-0017 長野県須坂市相森町4300-3 TEL 026-242-7646 FAX 026-242-7647

Copyright © 2001- Shibusawa Otolaryngorogy Clinic All Rights Reserved.