病気・治療の解説

鼻に関する病気

歯性上顎洞炎
しせいじょうがくどうえん

急性副鼻腔炎の特殊型です。歯の炎症が直接、上顎洞に波及して起こります。片側に起こり、よく腐った魚の匂いと形容される悪臭のある膿性の鼻汁が出るのが特徴です。抗生物質の内服と上顎洞洗浄、ネブライザーを併用して治療します。単純レントゲン撮影で、炎症の起きている側の上顎洞に強い陰影を認めます。完全に治療しないと慢性副鼻腔炎に移行します。また、歯の治療を平行して行い、再発を予防する必要があります。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る

しぶさわ耳鼻医院/〒382-0017 長野県須坂市相森町4300-3 TEL 026-242-7646 FAX 026-242-7647

Copyright © 2001- Shibusawa Otolaryngorogy Clinic All Rights Reserved.